メインイメージ

東北エリアのお祭り

花巻まつり

花巻まつり 投稿情報!

開催場所:
岩手県 花巻市
開催時期:
毎年9月の第2金・土・日曜日

花巻まつりは、文禄2年(1593年)、花巻開町の祖・北松斎を敬い、町の人々が山車(だし)を作り、花巻の町を練り歩いたのが始まりだと言われています。

日本のふるさと遠野まつり

日本のふるさと遠野まつり 投稿情報!

開催場所:
岩手県 遠野市
開催時期:
毎年9月第3土・日曜日

郷土芸能や(さんさ踊り、神楽、太神楽、南部ばやし、しし踊り、田植え踊り) 神輿が1日目は市街地を2日目は八幡神社でパレードします。 普段は静かな町ですが参加者約3000人のお祭りは圧巻です。

大東大原水かけ祭り

大東大原水かけ祭り

開催場所:
岩手県 一関市大東町大原地内
開催時期:
毎年2月11日

毎年極寒の2月11日に行われる、天下の奇祭として名高い祭り。

鹽竈神社 帆手祭

鹽竈神社 帆手祭

開催場所:
宮城県 鹽竈神社境内~塩竈市内
開催時期:
毎年3月10日

~火伏せを祈念する日本三大荒神輿の一つ“しおがまさまの荒みこし”~

酒田まつり

酒田まつり

開催場所:
山形県 酒田市
開催時期:
毎年5月19日~21日

酒田まつり(山王祭)は慶長14年(1609年)から一度も欠かすことなく続いています。

ふくしま山車フェスタ

ふくしま山車フェスタ 投稿情報!

開催場所:
福島県 福島市13号国道(信夫通り)を中心とした市街地
開催時期:
毎年6月の第一土曜日

福島県北エリアの山車20台以上が大集合!太鼓やお囃子を演奏しながら街なかを練り歩きます。山車はその町内の歴史と伝統を象徴しており、それぞれ造形やお囃子等が異なっています。

土崎神明社例祭(土崎港曳山まつり)

土崎神明社例祭(土崎港曳山まつり)

開催場所:
秋田県 秋田市土崎地区
開催時期:
毎年7月20日・21日の2日間

曳山は『神様が降臨し、宿る所』とされ、毎年組立て、そして終わるとすぐに解体されます。お祭りの間、曳山は神様の御分霊を乗せた神輿とともに氏子区域を練り歩きます。

会津田島祇園祭

会津田島祇園祭 投稿情報!

開催場所:
福島県 南会津郡南会津町田島
開催時期:
毎年7月22日~24日

福島県南会津町田島で7月22日から24日にかけて行われる、田出宇賀神社と熊野神社の祭典である(田出宇賀神社の祇園祭と熊野神社の例大祭)。

盛岡さんさ踊り

盛岡さんさ踊り

開催場所:
岩手県 盛岡市
開催時期:
毎年8月1日~4日

藩政時代から受け継がれてきたさんさ踊りの起源は、三ツ石伝説に由来しています。

青森ねぶた祭

青森ねぶた祭

開催場所:
青森県 青森市
開催時期:
毎年8月2〜7日

青森ねぶた祭は、日本各地の祭りの中でも屈指の大きな祭典に発展した。

秋田竿燈まつり

秋田竿燈まつり

開催場所:
秋田県 秋田市
開催時期:
毎年8月3日~6日

竿燈まつりは、真夏の病魔や邪気を払う、ねぶり流し行事として宝暦年間にはその原型となるものが出来ていたという。

仙台七夕まつり

仙台七夕まつり

開催場所:
宮城県 仙台市
開催時期:
毎年8月6日~8日

終戦の翌昭和21年、一番町通りの焼けた跡に52本の竹飾りが立てられました。

むらやま徳内まつり

むらやま徳内まつり 投稿情報!

開催場所:
山形県 村山市
開催時期:
毎年8月第3金・土・日曜日の3日間

山形県村山市を会場に鉦・笛・大太鼓・締太鼓・掛声等からなる囃し手が、豪華絢爛な山車に乗込み、踊り手はアップテンポなお囃子に合せて勇壮かつ華麗に各団体が特色を活かした踊りを繰り広げます。

寒河江まつり『神輿の祭典』

寒河江まつり『神輿の祭典』 投稿情報!

開催場所:
山形県 寒河江八幡宮→寒河江駅前
開催時期:
毎年9月中旬

本神輿、子供神輿等、担ぎ手が寒河江の夜を熱く盛り上げます。

二本松のちょうちん祭り

二本松のちょうちん祭り

開催場所:
福島県 二本松市
開催時期:
毎年10月4日~6日

現在は10月4・5・6日の3日間が祭礼日。4日は宵祭り、午後5時に7町内の太鼓台が市内の中心部に集合、二本松神社の御神火で一斉に提灯に火がともります。

福島稲荷神社例大祭

福島稲荷神社例大祭 投稿情報!

開催場所:
福島県 福島市中心市街地
開催時期:
毎年10月体育の日を含む土・日・月曜日

開催期間中の神社周辺はお化け屋敷や射的などの多くの露店が立ち並びます。この祭りの最大の見どころは、なんと言っても「連山車」です。

秋の藤原まつり

秋の藤原まつり

開催場所:
岩手県 西磐井郡 平泉町
開催時期:
毎年11月1日~11月3日

観光シーズンの最後を飾り、毎年11月1日~3日まで開催されます。